韓国 ソウル
韓国の航空券・ツアー、ホテル、現地ツアー、旅行情報


【東京発】 韓国ツアー ソウルチェジュプサン雪岳山儒城テグ慶州木浦光陽
 光州温陽扶余平昌

韓国・ソウル旅行記

韓国・ソウル旅行記:管理人が観光したロッテ免税店、東和免税店、東大門・東大門市場、宗廟、鍾路、景福宮、三清洞、雲見宮、仁寺洞の旅館街、仁寺洞、清渓川、明洞、Nソウルタワーなどを紹介

旅行の事前準備

2008年10月16日〜2泊3日の「格安ツアー」でソウル旅行へ妻と出発。

【旅行プラン】
1日目:アシアナ航空:成田発13:30〜16:00 ソウル着(仁川空港)
ソウル市内の2件の免税店でショッピング、ホテル着
2日目:ソウル滞在 終日フリータイム
3日目:韓国食料店で買い物、仁川発11:30で帰国

【ご旅行代金】 現地のスタッフが送り迎えあり
主催旅行(航空券代+ホテル代)/大人 18,800 * 2 =37,600円
韓国空港諸税 3,700 * 2=7,400円
成田空港使用料(大人) 2,040 * 2=4,080円
燃油サーチャージ  7,000 * 2=14,000円   代金合計 63,080円


【ビザ】 私の妻は台湾籍なので本当に韓国に入国できるか心配。一応、ネットで調べる限り、「台湾籍の者は韓国はビザ不要」となっているが、旅行会社に問い合わせてると「各自の責任で」と返答。念の為、韓国大使館へ問い合わせると、「OK」と言われひと安心。

【ソウル観光スポット事前調査】 
@ 終日フリータイムなので、観光の見所、グルメ情報が載っている数社の旅行会社のパンフレットを集め、興味のある処を切り抜き、自宅で簡単なスクラップを作る。後は、行きの飛行機の中で調べることにする。
A旅行の必需品「地球の歩き方:ソウル」 を購入 1,480円。

【両替】  日本の換金率が良くないので、ソウルで換金することをお薦めします。

ソウル旅行

仁川空港に到着。気になっていた入管も無事通過。ほっとした。
事前に旅行会社から現地のスタッフに会うまでは両替を控えるように言われていたので、スーツケース受け取りと直ぐに、現地のスタッフの待つところへ。お名前は? 「○×です」「○×さん?ありませんね!」一瞬真っ暗になる。旅行会社からの確定書を見せて、別のホテルを取ってもらった。>>>>格安パッケージの留意点
我々の旅行社の観光客は20名のグループ3つ、男性は私一人だった。イミグレーションで乗客の多くは外国人の列に並んでおり、円高の影を落としている。
空港で5万円を両替をしたが、65万ウォンになった。
空港から迎えのバスで、ロッテ免税店と東和免税店により、ホテルに着いたのは午後8時を過ぎていいた。これからは私の自由時間、韓国で過ごせる時間は一日と3時間くらい。

【ソウル旅行】

1日目:アシアナ航空:成田発13:30〜16:00 ソウル着(仁川空港)
ソウル市内の2件の免税店でショッピング:我々は、早々に免税店付近を散策
ロッテ免税店:付近を散策、定食屋で夕食をとる。
東和免税店:付近を散策。
夜の清渓川を見る。
・pm8:00過ぎ ホテル着 宗廟の隣GoGoong Hotel
・ホテル→(徒歩)東大門清渓川→(徒歩)ホテルの傍で夜食→ホテル、12時就寝

2日目:7:00起床、ホテルにて朝食→(徒歩)宗廟宗廟市民公園→(鐘路:徒歩)鐘路3街駅→(地下鉄)景福宮駅→景福宮国立民族博物館→(徒歩)三清洞昼食→(徒歩)安國駅→(徒歩)雲見宮→(徒歩)仁寺洞の旅館街→(徒歩)仁寺洞→(徒歩)鐘閣駅→(徒歩)南大門路清渓川散策→(徒歩)乙支路入口駅→(徒歩)明洞夕食→(徒歩)南山公園→(ケーブルカー)→Nタワーソワー→(ケーブルカール)明洞→(タクシー)ホテル

3日目:韓国食料店で買い物、仁川発11:30で帰国

成田空港内「菜の花」
成田空港内「菜の花」

成田空港内「菜の花」
天丼1380円。

アシアナ航空機内食
アシアナ航空機内食
アシアナ航空機内食

完食
仁川国際空港
仁川国際空港
仁川国際空港

久し振りの韓国。私は二度目、妻は初めて。
全員揃ったところで、バスに乗り、免税店へ。

ロッテ免税店傍の食べ物屋
ロッテ免税店傍の食べ物屋
ロッテ免税店傍の食べ物屋。
ツアー全員でロッテ免税店へ。
「イッコウ」がPRしている化粧品が目に入る。妻も私も免税品には興味がなかったので、早々に外へ出る。お腹が空いたので、付近を散策。外で若い女性が食事をしていたので、「美味しい」と聞くと、「美味しい」、「本当?」「本当」「日本人?」「韓国人」。言われたままにその店へ。言葉が判らない我々に対し、て日本語がわからないおかみさんが一生懸命応対してくれた。 悩みながら結局、1300w(おでん300w、うどん500w、ちぢみ500w)を注文。
旨かった。会計は明朗、金額は電卓で示してくれる。 
気さくで親切な韓国人をいっぺんに気に入った。
ロッテ免税店傍の食べ物屋ロッテ免税店傍の食べ物屋
夜の清渓川
ロッテ免税店傍の食べ物屋
光化門ビル周辺:東和免税店へ。ここでも、直ぐに外に出て、付近を散策。
写真は夜の清渓川。 清渓川の散歩コースの入口、ここから東大門方面に続いている。
東大門
東大門
免税店2軒よって、ホテルへ。
徒歩で東大門、東大門市場へ行く。暗いので標識も見えにくく、道を確認したかったので中年の男性に道を尋ねる。地図を見せて「東大門」を指すと、「チュー」を連呼、身振り手振りで教えてくれた。「真っ直ぐだな」礼を言って別れた。真顔で「チュー」を連呼していたのを思い出して、顔を見合わせて妻と思わず笑ってしまった。本当に優しい男性であった。

東大門市場には、地元の人も観光客も余り見かけなかった。ものすごい混雑を予想していたので、肩透かしを食わされた感じであった。

写真左:清渓川
写真右:東大門市場
ロッテ免税店傍の食べ物屋東大門市場
GoGoong Hotel 傍の豚の焼肉専門店
GoGoong Hotel 傍の豚の焼肉専門店
ホテルへ帰る途中、道に迷っていると、スッチー風の清楚な美人が「May I help you?」と声をかけてくれた。お陰で、ホテルにたどり着くことができた。
GoGoong Hotel 傍の豚の焼肉専門店で夜食。 二人前22,000w キムチ、野菜、スープ付。美人の店員さんが親切に肉を焼いてくれた。彼女が英語で丁寧に説明してくれたので、無事に焼肉を食べることができた。彼女は最後の肉を焼き終えると[Good bye}を残して店をあとにした。 彼女は美人だけでなく、優しい女性だった。
GoGoong Hotelで朝食
GoGoong Hotelで朝食 韓定食
GoGoong Hotelで朝食 韓定食、アメリカン定食を取る。
共に8000w
東大門市場
続く